しばし、お別れ

何台か持っているアンティークミシンの内の1台を、ミシン屋さんに預けました。

壊れたわけではなく、活躍の場を広げるために。

帰ってくるのが待ち遠しいです。

目次
閉じる