メインポジションに移動

ミシンの癖をみながら、実践に投入できるところまで調整。
こんなデニムが山ほど出ます。

調整が済んだら、一番使うミシンは、一番使いやすい位置に移動

ブルペンでの肩慣らしを終え、いよいよマウンドに立ったピッチャー。といった感じですかね。
不器用なピッチャーを、うまく使いこなしたいです。

目次
閉じる