内股を縫い合わせ

前身と後ろ身それぞれが完成したら、内股から縫い合わせていきます。
私は、極太の綿糸を使用。0番です。

縫い合わせたら、生地端のかがり縫いも済ませる。
そして、開いて表からチェーンステッチ。

股の付け根。負荷のかかるこの部分には、カン止めして強度を確保します。

これで、内股の縫い合わせが完了。
続いて、この部分。

次回は、脇の耳を合わせていくところからご紹介します。

目次
閉じる