リベット・ボタン打ち

リベットとボタンを専用の打ち機で打っていく。

打つのが終わったら、脇の部分をアイロンがけ。
縫ったままだと、この状態ですが

アイロンをかけて、耳をピシッと割っておきます。

これで、残る工程は裾上げのみとなりました。
いよいよ、次回に完成です。

目次
閉じる