相性

バックヨーク(お尻の上の三角バーツ)と後ろ見頃を縫い合わせる

銀色のアタッチメントにデニムを送り込んで、一発でダブルステッチをかける。
下からバックヨーク、上から後ろ見頃を巻き込んでいく。

この、巻き縫いミシンを使う工程。
1回ミシンを通すだけで、生地が抱き合い、ダブルステッチまでできてしまいます。
一見、豪快な縫い方なのですが、縫い手には繊細さが要求されます。
ミシンの癖とデニムの相性を感じながらの作業。
毎回、ミシンとデニムに「こんな感じでどうでしょう?」と、ご機嫌をうかがいながら進めています。

目次
閉じる